人気のウォーターサーバー「プレミアムウォーター」と「フレシャス」の違いを価格、電気代、サイズ、サービス内容などあらゆる角度から比較

プレミアムウォーターとフレシャスの違いを徹底比較|暮らしの水ガイド

コラム

乳幼児のミルクのない軟水を使ったウォーターサーバー

更新日:

よく取り上げられるアルペンピュアウォーターが設定しているサーバーレンタル料金は毎月600円、定期的に届くお水の料金は12リットルでたったの995円と、ネット上の比較ランキングでも各種ウォーターサーバーの中でも格安と言われています。宅配水のひとつ、クリクラのウォーターサーバーはレンタル費用0円。入会費用・契約を解除した場合の費用もゼロなんです。災害が起こった時に力を発揮する備蓄水として、安全なウォーターサーバーはおすすめできます。

乳児のことも考慮してクリクラは不純物が無くて、規定内の栄養分を含む軟水と言えます。乳幼児のミルクというものにはまったく影響なしなので、手軽に使っても大丈夫です。価格や採水地などの比較ポイントは導入するウォーターサーバーを決定する際に不可欠なポイントに違いないので、ぜひ目を通してください。さらにチェックしたいことがあったら、検討ポイントに追加しましょう。

逆浸透膜(RO)システムを使った水のすばらしいウォーターサーバーは、不要な有害物質が濾過プロセスで除去された安心のピュアウォーターなんです。衛生的で安心であることを心配する人たちや生まれたばかりの赤ちゃんをもっている人の人気を集めています。今では、お店で重たいペットボトルを買って運ぶ手間が省けて、楽をさせてもらっています。オフィスにもお気に入りのアクアクララの水をステンレスマグで持参するのを忘れません。フレッシュな水素水をいつでも摂取するのに要るのが、水素水サーバーなのは明らかです。これを置けば安全な水素水を冷水だけでなく温水でも飲むことができるんです。

基本的な考え方としてウォーターサーバーを比較検討するときは、初回に必要な価格で考えずに、水代、ひと月の電気代、メンテナンス代などのことも忘れずに、正しく考えてほしいと思います。摂取しすぎは悪影響もあるバナジウム、大丈夫です。フレシャスにはほんのわずかだけ入っているそうなので、血糖値に問題がある人々には他の製品に比べて体にいいにちがいありません。実際にウォーターサーバーを導入するにはまとまった面積を占有することになるので、導入するベッドルームなどの余裕、床に置くか卓上設置サーバーにするかなども大切な比較材料と言えるでしょう。

価格だけ見たら一般的になったウォーターサーバーは、格安のところもたくさんあるのですが、安心して飲める優れた水を飲みたいなら、好みとウォーターサーバー使用に必要な価格との関係がものをいいます。本音で言えばウォーターサーバーは、殺菌やろ過のやり方によって味自体に差が出ると言われていますから、十分比較して選んでくださいね。お水の味が大切なら、天然水と言われるものが間違いない選択です。もっとも大切な水質だけでなく、価格なども異なるので、ウォーターサーバーランキングを見て、あなた自身のこだわりを彩る最高のウォーターサーバーがみつかるといいですね。

ウォーターサーバーの会社はいろいろ広告されていますが、私という個人の感じとしてはフレシャスは多くの病院などで採用されているように思います。ウォーターサーバーを選択するときにポイントとなるのはお水のクオリティー。その次は器具の衛生面。さらに付け替えボトルの重さだと言われています。それに気をつけて、比較検討していきましょう。

-コラム

Copyright© プレミアムウォーターとフレシャスの違いを徹底比較|暮らしの水ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.